サブゼミ建築論:日本初期モダニズム・・・堀口捨己
b0049318_20335984.gif第一回サブゼミ建築論を行いました。テーマは「日本初期モダニズム」。日本におけるモダニズムの成立について考察します。僕の担当は堀口捨己。正直これまで堀口捨己とは誰なのか全く知らなかったんですが、結構有名な人みたいです。分離派建築会という日本で最初の建築運動を起こした人で、モダニズムと日本について考えられていた人です。茶室の研究でも有名。

分離派建築会とは、1920年石本喜久治・滝沢真弓・堀口捨己・森田慶一・矢田茂・山田守によって結成されたグループで、歴史主義を否定し、模倣によらない新しい建築の必要性を訴えたグループです。また、工学技術に偏りがちだった当時の建築界のなかで、建築の芸術性を強く主張しました。






b0049318_20423368.gif
堀口捨己は若い頃に欧州留学し、オランダのアムステルダム派とデ・ステイルに強い影響を受けたそうです。この作品は紫烟荘といって、1926年に完成しています。アムステルダム派とデ・ステイル、そして日本建築からの影響でつくられたそうです。普通のモダニズムとはだいぶかけ離れています。
b0049318_20464696.gif
b0049318_20485050.gif
これは、旧岡田邸です。数奇屋建築とモダニズム建築がぶっきらぼうに併置されています。その境目で庭の別れていて、間に段差と池があります。当時の帝冠様式のような伝統理解とは全くかけ離れており、ただ単に横に置かれているだけです。この手法がなんか面白いと思います。かなり変わってます。

b0049318_205255.gif
これは、若狭邸という作品です。外観はインターナショナル・スタイルですが、配置や内部空間は日本建築の構成を採っています。モダニズムと和風が融合した傑作と言われています。

この人は結構変わった方法で、モダニズムと日本の伝統を調停しようとした人だと思います。帝冠様式や丹下健三のような方法とはかなりちがうと思います。また、モダニズムと和風の間でかなり揺れ動いててます。

この時代の人は、日本という国家についてかなり敏感だったのだと思います。建築がまだ国家を背負う使命があった。日本という国家のアイデンティティを示す必要があった。そのためのスタンスの取り方は色々あり、西洋の近代建築を直接移入した人もいれば、帝冠様式のような方法をとった人もいた。前川國男なんかは、そのような空気のなかで純粋なモダニズムの箱を提示し、丹下健三は神社を参考にした配置をおこなった。堀口捨己はもう少し精神的な面での融合を求めていたと思います。

正直、その時代の雰囲気をまとめたいと思っていたけど、まとまりません。でも、いろんな建築家の試みと、どんなことをテーマとしていたのかをかじるぐらいにはなるかとおもいます。

サブゼミ建築論、毎週続くので、是非参加してください。聞くだけ、冷やかし大歓迎です。
[PR]
by h_tanabe1212 | 2005-10-20 21:13
<< 昭和住宅物語 確認申請通った!!! >>


日々の記録をつづりながら、徐々に進化していきたい!
by h_tanabe1212
カテゴリ
全体
hiroshima house
koya project
architecture
landscape
urban
design
works
life
book
exhibition
archi KISHIWADA
lecture
travel
profile
others
検索
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
ryg
Tori-kazimium
さくらもちちからもち
h-lab_maimai
kenchick
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧