サブゼミ建築論vol.2:最小限住宅:プレモス 前川國男
b0049318_10563131.gif
サブゼミ建築論の第二回がありました。テーマは最小限住宅。僕は、プレモスというプレハブの量産住宅について調べました。これは、建築家の前川國男が設計した木造のパネル式組み立て住宅です。戦後の住宅不足という社会問題の中で、建築家の中には大衆への住宅の供給ということが、テーマとして掲げられていた時代。池辺陽の立体最小限住宅、増沢洵の自邸など、さまざまな実験的な住宅の試みが行われていました。

プレモスの特徴としては、プレハブの量産住宅という点です。遊休状態になった軍需工場の技術を転用してつくられたそうです。また、トラックにパネルを積んで持ってきてくれて、組み立ててくれる。資材が不足していた当時としては、すべての部材を持ってきてくれるというのはありがたかったそうです。参照 昭和住宅物語 藤森照信

また、決して大衆に普及するということはなく、知識人や外国人などが購入したそうです。後は、炭鉱の労働者のための住まいとしての炭住に大量に供給されたということらしいです。しかし、数年で生産は中止・・・。建築家の作るプレハブ住宅というのはたいがい失敗しているようです。

次回のテーマは伝統論争です。本などによく出てきますが、あまり知りません。これを機に勉強してみます。
[PR]
by h_tanabe1212 | 2005-10-28 11:12
<< サブゼミ建築論vol.3:伝統論争 中村修二先生講演会 >>


日々の記録をつづりながら、徐々に進化していきたい!
by h_tanabe1212
カテゴリ
全体
hiroshima house
koya project
architecture
landscape
urban
design
works
life
book
exhibition
archi KISHIWADA
lecture
travel
profile
others
検索
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
ryg
Tori-kazimium
さくらもちちからもち
h-lab_maimai
kenchick
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧