開拓者の家:シリーズ自力建設vol.3
b0049318_2359344.gif 開拓者の家は、建築家の設計に従い、施主が1人で10年以上の歳月をかけて、少しずつ完成させた住宅です。石山修武氏の初期の代表作の1つ。





石山氏は細部までデザインし、それを施主はさまざまな道具を用い、一人で作り続けました。すべての部分を素人の手で作り上げたのです。この計画は、石山氏の代表作幻庵(1975年)の直後に始まっています。幻庵の鉄細工は熟練した職人の手によるものですが、開拓者の家はすべて素人の施主が試行錯誤しながら作ったものです。
これら二つの住宅の主構造は、コルゲートパイプを使用したものです。コルゲートパイプとは、通常は土木構造物などに使用されますが、安価で大きな空間をつくることができ、素人でも簡単に施工可能なものだそうです。そのようなコルゲートパイプの内部を、必要に応じて壁や床を造り、空間を作っていきます。石山氏の言葉によれば、これは工業化時代の小屋作りということです。工業化時代の合理的な技術を使用し、自分の家を自分でつくることを実践している事例です。比較的コストを把握しやすい工業製品を使い自力建設することで、非常に透明なつくり方になっています。また、既製品では実現できない自由な造形を実現しています。これは、住宅は購入するのがあたり前になった現状や、住宅の生産体系への痛烈な批評性をもっています。しかしながら、莫大な時間とエネルギーがかけられており、このようなことを実践できる人は限られるのが現状で、批評性はあるけれど、追随者はあまり生まれていないのではないでしょうか。
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-01-23 23:59
<< ひさしぶりに・・・ デジカメ!!! >>


日々の記録をつづりながら、徐々に進化していきたい!
by h_tanabe1212
カテゴリ
全体
hiroshima house
koya project
architecture
landscape
urban
design
works
life
book
exhibition
archi KISHIWADA
lecture
travel
profile
others
検索
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
ryg
Tori-kazimium
さくらもちちからもち
h-lab_maimai
kenchick
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧