カテゴリ:book( 36 )
超整理術
今日は日曜だというのに仕事です・・・。
ちょっと休憩がてら、最近読んだ「佐藤可士和の超整理術」という本を紹介します。

More
[PR]
by h_tanabe1212 | 2008-02-17 14:01 | book
恋する建築
建築家中村拓志の『恋する建築』という本を読みました。
中村拓志は、情熱大陸やトップランナーなどのテレビ番組にも取り上げられる注目の若手建築家。ファッションブランドの店舗などの内装の仕事も手がけ、俗に言うおしゃれな建築家。
話し方も柔らかく、正直軟派な印象を持っていました。
しかし、軟派な中に潜む尋常でない情熱が本の隅々から感じられました。
読みやすいし面白い。大変示唆に富む本でした。

恋する建築
中村 拓志 / / アスキー
ISBN : 4756150691
スコア選択: ※※※※※

More
[PR]
by h_tanabe1212 | 2008-02-11 14:31 | book
FARMAX MVRDV
もうひとつ再販の話。

MVRDVのFARMAXという本が再販されるそうです。
これも、長らく絶版になっていました。

これもほしいな~。

くわしくは、南洋堂のホームページ参照

南洋堂書店
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-12-03 19:14 | book
住居集合論
もうすぐ東大原研究室が行った集落調査をまとめた、住居集合論が、なんと再版されるそうです!これは1970年代に一世を風靡したデザインサーベイのさきがけ。豊富でかっこいい図版、原氏をはじめ、当時原研究室に在籍していた、山本理顕さんの論文などもあり、かなりおもしろいです。長らく絶版となっており、古書にもあまり出ていなかったので、すごくうれしいです・・・。(もう2週間早く出ることに気づいていたら・・・)

実は、最近南洋堂書店で、住居集合論Ⅱ、Ⅲ、Ⅴの古書が出ていたので、即買いしてしまいました・・・。絶版だったので、見つけた瞬間購入。結局、全巻そろってないし、再版されるし・・・。誰か買い取ってくれへんかな~・・・。


住居集合論 I
東京大学 生産技術研究所 原研究室 / 鹿島出版会
ISBN : 4306044750
スコア選択: ※※※※※

住居集合論 II
東京大学 生産技術研究所 原研究室 / 鹿島出版会
ISBN : 4306044769
スコア選択: ※※※※※
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-11-30 19:24 | book
バーゲン情報
アマゾンで洋書のバーゲンやってますよ!
S.M.L.XLが5500円。
僕が買ったときより3000円も安い・・・。
お買い得です。いつまでやってるかわからないので、お早めに。

アマゾン
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-09-24 18:01 | book
July2001~May2004/鈴木了二
July2001~May2004 EXPERIENCE IN MATERIAL NO.47 Project Konpiraという本を買いました。鈴木了二氏の金毘羅プロジェクトのスケッチブックをほとんどそのまま本にしたもの。編集はアセテート。

鈴木了二氏のドローイングを以前展覧会で見たときに、魅了されてしまったのですが、そのスケッチブックをアセテートが出版するということで、絶対買いだ!と思い、心待ちにしていました。

More
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-04-06 17:14 | book
ほしい!
住宅70年代狂い咲き
/ エクスナレッジ
ISBN : 4767804744
スコア選択: ※※※※※

面白そうな本がでます。
住宅70年代・狂い咲き
やばい。濃い・・・。植田実、塚本由晴、中谷礼仁の対談とかあるし、
かなりおもしろそう。

More
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-02-07 19:10 | book
当たった!
LONG LIFE STYLE 01: D&DEPARTMENT PROJECT 2003-2005
D&DEPARTMENT PROJECT / 平凡社
ISBN : 458262037X
スコア選択: ※※※※

本、当たっちゃいました!ラッキー!!!
ジャパンデザインネットというホームページのプレゼントコーナーに地道に応募してたらやっと当たりました。いや~、応募してみるもんですね。

ナガオカケンメイ氏のD&DEPARTMENT PROJECT の本です。中身はまだ読んでないんでわかりませんが、おしゃれな感じです。
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-02-06 20:32 | book
吉阪隆正の迷宮
大学の生協に置いてあって、買っちゃいました。なぜか最新の建築本がおいていることが多く、ついつい買ってしまいます・・・。ちなみに、生協会員なら5%引き!

内容な、吉阪隆正展に併せて行われたシンポジウム?をまとめたもの。当時からかかわりのある人や弟子、また直接はかかわりのない現代の建築家からのメッセージも収録されていて、おもしろい。僕は、吉阪建築について、ほとんど知らないんですが、今までは、なんだこれは・・・。という感じ。ヴィラ・クゥクゥとか浦邸とかすごいとは聞いていたんだけど、正直なんなのか、どういうものなのかわかりませんでした。まあ、今でもわかりませんが、他の人が当時考えていないことをやっていたというのは感じました。射程がとても広い。この本は、吉阪隆正への興味をそそるにはあまりある内容です。吉阪の巨大な思想の迷宮に迷い込むきっかけには非常によい本なのではないでしょうか。

吉阪隆正の迷宮
2004吉阪隆正展実行委員会 / TOTO出版
ISBN : 4887062656
スコア選択: ※※※※
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-01-14 14:48 | book
松村秀一氏の本
正月の間に、松村秀一氏の『「住宅」という考え方 20世紀的住宅の系譜』と『建築とモノ世界をつなぐ』という本を読んだ。松村氏は、工業化住宅や建売住宅など、日本の風景を構成しているありふれた住宅にスポットをあてている。なぜ、このような「住宅」の形式ができてしまったのか、このような奇妙な風景ができてしまったのかということを生産の体系の中から論じておられる。少し松村氏の言葉を引用する。

More
[PR]
by h_tanabe1212 | 2006-01-04 17:24 | book


日々の記録をつづりながら、徐々に進化していきたい!
by h_tanabe1212
カテゴリ
全体
hiroshima house
koya project
architecture
landscape
urban
design
works
life
book
exhibition
archi KISHIWADA
lecture
travel
profile
others
検索
以前の記事
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
ryg
Tori-kazimium
さくらもちちからもち
h-lab_maimai
kenchick
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧